スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
神安、飲み中 - GW -
日曜の深夜。
買ってきた漫画をほぼ読みきった。
飲みながらだったし、途中一回寝ちゃったけど、
すごい満足した。

そっちのレビューもしたいなぁ。
でも、ちょっと書いておきたいことがあったので、
GWの話なんだな、これが。






コトブキさんのトコの記事。
http://d.hatena.ne.jp/kotobuki_84/20100228

これの、密約と一日の長についての事が書いてある。
すごいなー、と思ったのは、一日の長についての認識の違いだ。

一日の長ってのは、
「一枚使って以後、ユニットさえ展開しなければドローが増えるカード」
なわけだ。
ドローを加速することに変わりはないんだけど、
1ターン目に貼ったとしても、実は3ターン目のアドバンテージは
「1枚使って2枚ドローを増やしている」状態で、
これは実は3ターン目に密約を撃っているのと変わらない。
それどころか、1、2ターン目にユニットを展開できていない分
損をしているとも考えられる。
だって、緑中だったら2ターン目にはガルマシャアザクが展開できる。
3ターン目にイナクトを配備できれば、そこからは十分な打点が
見込めるわけだ。

まぁ、実際のところはユニットは4ターン目からでもいいのかもしれないし、
5ターン目までユニットを展開しなかったら密約を3枚のアドバンテージだから
密約を3〜5ターン目まで毎回撃っているのと変わらないことになる。
しかも、カウンターの心配をすることもない。

でも、逆に考えると、それは密約を3枚撃っているだけだ。
コストとして使用したカード枚数は1枚ですんでいる分、
密約3枚とは実際にデッキのスロットを2枚分得しているとはいえ、
一日の長で実際にドローを加速させることができる枚数というのは
そんなになかったりする場合もあるわけで。


……みたいなことが書いてあったりした、と神安は考えたんさ。
もちろん、受け取り方を間違えていることも考えられる。
内容で言えば、一日の長よりは密約をつんでいることの意味みたいな
記事だったわけだし。

ただ、神安は反省するべきだと思ったんだ。
その、ちゃんと考えた上でのデッキ構築という観点の話だ。



昨日から美輝の家でGWをしていて、24弾のカードを使って
緑紫を作った。
手持ちのカードのストックがそんなにあったわけじゃなかったし、
なんとなく一日の長を3枚さして構築したんだけど、
メインはガルマシャアザク(面倒だし、以下シャルマ)で
サキガケを飛ばすことだったし、2〜3ターン目には
下回りを展開する必要があるデッキだった。

なんとなくドローがほしい、というのはいつものことではあるけど、
それなら他の選択肢はあった。
実際に、最初の構築段階ではドップが3枚挿してあったわけで。
この場合、ドップはシャルマとあわせて2枚ドローできるカードで
かつチャンプブロッカーだ。
シャルマさえ場にいれば、「1枚使って2枚ドローを増やしている」
カードになりうるうえに、ブロックまでできる。
つまり、実は一日の長で3ターン目までユニットを貼らないのと
同じ効果を得られるということで。



長々と書いちゃったけど、結局何が言いたかったかっていうと、
もうちょっと考えてデッキ作らなきゃだめだなってこと。

もっとも、ドップよりは一日の長のほうが
なんとなく1ターン目に手札にいてくれる気がするっていう
オカルトな部分も否定できなかったんだが。

それはまた、別の話か。
GW | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://romantei.jugem.jp/trackback/97
Trackbacks
TWITTER
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
AMMULET
Yea Though I Walk Through The Valley Of The Shadow Of Death I Will Fear No Evil For I Am The Evilest Son Of A Bitch In The Valley!!
COUNTER
ブログパーツUL5 - 10,000 Since 2008/04/09 Hujihito Kamiyasu
はち恋
RO時給計算機

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間